妊娠3ヶ月目の様子と注意


妊娠3ヶ月目(8週〜11週)の様子は、赤ちゃんは、日々猛スピードで成長しています。妊娠約8週目になると、胎芽から胎児と呼び名が変わります。

11週目には大きさも10cm、体重も20g位になり、段々人間の形になっていきます。今までタツノオトシゴのような形をしていて、しっぽがあったのも無くなります。皮膚は透明なので、皮下の血管や内臓を透けて見え、下あごと頬が発達して、歯根(歯の元になるもの)や声帯ができてきます。胴体や足も大きく成長して、およそ三頭身になり、毛髪や眉毛も生え始めてきます。男女を見分ける生殖器も発達してくるので、男女の区別が分かるようになってくるのも、この時期です。

羊水の中で動き回る赤ちゃんの姿や、心拍も超音波装置を使えば、心臓の動きが心拍が見えたりするようになります。心拍数は、大人の約2倍で1分間に160くらいあります。お母さんは、まだそれほど腹部の膨らみは目立ちませんが、基礎体温は高温期が続いたままです。ここで基礎体温が急激に下がった場合は、流産の危険性がありますので、要注意です。

子宮がこぶし程に大きくなりますので、膀胱や子宮を圧迫するために、便秘や下痢、頻尿などの症状に悩む人が出てきます。あと、乳輪や乳首の色が、より濃くなってきたり、乳白色で、ネバネバしたおりものが、多くなってきます。つわりは、この妊娠3ヶ月目が一番のピークですが、あと1ヶ月程で落ち着いてきます。つわりがひどくて、薬を飲みたい時には、必ず医師に相談しましょう。


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。