妊娠5ヶ月目の様子と注意


妊娠5ヵ月目(16週から19週)の様子は、赤ちゃんの見た目が2〜3頭身から4頭身になり、身長は25cm前後、体重も250g前後になります。頭の大きさも、鶏卵くらいまで成長します。

心臓の動きが活発になるため、ニ心房とニ心室に分かれている心臓や、目や鼻が超音波で、確認できるようになります。皮膚は赤く、脂肪の沈着が始まってきます。そして出産後、お母さんのおっぱいを吸って排泄する練習のため、羊水の中で羊水を飲み、排尿の繰り返しを開始するようになります。お母さんも、全体的にふっくらしてきて下腹部が突き出てきます。

また、そろそろ普段の洋服がきつくなってくる頃でもありますので、マタニティウェアを着用するのも良いかと思います。乳腺も発達して、乳首を圧迫すると、黄色い分泌物が出る場合もありますが、特に心配はいりません。体重は1ヶ月に1キロのペースで増えていき、顔には、しみ・そばかすが目立つようになり、乳房や陰部が黒ずんでくるようになります。

妊娠5ヶ月目前でも胎児は動いていたのですが、力が弱いために動きを感じられなかった胎動を感じられるようになるのもこの時期になります。つわりも、ほとんど治まってくると思います。しかし、食欲が出てきて胎児の栄養になると思って、食べ過ぎてはいけません。便秘や貧血なども考慮した、バランスのよい食事を摂るように、心がけましょう。また、妊娠5ヶ月目は母子ともに安全な時期ですが、特に妊娠中毒症には気をつけるなど、油断はできません。


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。