妊娠7ヶ月目の様子と注意


妊娠7ヶ月目(24週から27週)の様子は、赤ちゃんの身体が、身長は35センチ〜38センチ程度、体重も1000グラム程度に成長し、人間としてほぼ完成しています。五感もできあがってきます。眼球も動き視覚の機能もでき、聴覚もでき、お腹の外の音も聞けるようになります。味覚も発達してきて、鼻の穴も開通します。

乳首を吸う練習かと思われますが、指が唇に触れるとしゃぶったりもします。そして脳にもしわが増えてきて、感情や記憶、思考なども発達してきます。脳が発達してきますと、羊水の中を自分の意思で動き回り、向きを変えたりすることができるようになります。

妊娠7ヶ月目は、赤ちゃんの身体が著しく変化する月であり、感情が備わる大切な時期でもあります。お母さんも、どんどんお腹も大きくなると同時に、身体への負担も増えてきます。ダルさを感じたり、疲れたりすることが多くなってきます。このような時は決して無理をせず、家族や周りの人達に協力してもらい、少しでも休息を取るようにします。そしてこの時期からは、蛋白尿・高血圧・むくみなど、妊娠中毒症に注意するようにしましょう。

便秘や痔になる妊婦が多いのも、この時期です。腹部を圧迫しないようにしましょう。また、胎児が大きくなるにつれ、妊婦の体も大きくなり、血液量は妊娠前に比べて増えていますが、赤血球の量はあまり変わりません。なので「妊婦性貧血」と呼ばれる貧血になりやすいので、充分な注意が必要です。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。