妊娠中の食事と栄養


赤ちゃんは発育に必要な栄養を、全て胎盤を通して母体から摂る事になります。そのため、妊娠中の栄養は胎児の正常な発育と母体の健康維持のために大変重要になります。食事は特定の食品に偏らないように注意し、バランスよく栄養を摂るように心がけましょう。

まず、妊娠中の食事の基本は、規則正しい食生活にしましょう。貧血の予防のために鉄分・たんぱく質を、そして不足しがちなカルシウムを摂りましょう。 妊娠高血圧症候群の予防のために薄味にし、塩分を控えましょう。 太り過ぎないように注意しましょう。消化の良いものを摂りましょう(便秘・下痢になりやすいものは避けましょう)等です。

基本的には、ご飯、野菜類、大豆・小魚を中心とした和食がおすすめです。妊娠中に摂取をすすめられる栄養素は、葉酸、鉄分、亜鉛などです。葉酸は、野菜をしっかり食べれば問題ありません。鉄分や亜鉛などのミネラルは、小魚、納豆、小松菜、ナッツ、玄米、雑穀などにも多く含まれています。したがって、主食は、白米のように精製されたものではなく、玄米のほうが本来のミネラルも摂れるはずです。ただし、突然玄米に代えると、消化吸収が良くありませんので、まずは玄米粥から始めてみると良いでしょう。

最後に、食事は栄養のバランスだけではなく、「楽しく食べる」ということが重要です。「これを摂らなくちゃ、あれが足りない」と神経質になるよりも、家族と一緒に笑顔で、頂くことが一番大事。それがお腹の赤ちゃんにとっても嬉しいことだと思います。


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。