妊娠中の注意


妊娠中の食生活は、塩分の摂り過ぎを防ぎ、1日10g以下にするのが良いでしょう。塩分の摂り過ぎは浮腫みや高血圧、タンパク尿の原因になります。また、カロリーを摂り過ぎないようにしましょう。体重の増えすぎは妊娠中毒や難産の原因になります。標準体重の人の場合で6〜8kgの増加が理想です。栄養をバランスよく、1日30品目の食品を摂ることを目標にしましょう。

お酒は赤ちゃんの脳の発達に影響があり、特に妊娠初期(4〜12週)は影響を受けやすいそうです。できるだけ禁酒を心がけましょう。煙草は絶対に厳禁です。流産・早産、未熟児、周産期死亡などの原因になります。家族や周りの人にも理解してもらいましょう。コーヒーも、妊娠中に毎日飲むのは止めて、飲みたい時は薄めにして1〜2杯ほどにしましょう。低体重児や動きが鈍いことがあるそうです。X線検査や投薬も、妊娠初期は特に影響を受けやすいので、どうしても必要な時は医師に相談しましょう。 歯の治療の必要があれば、妊娠中期(16〜27週)に行うとよいでしょう。虫歯が無いということは赤ちゃんへの虫歯菌(ミュータンス菌)を移す危険度も減ります。

その他、日常生活の留意点として、少なくとも8時間の睡眠と軽い運動(散歩、マタニティ体操・スイミングなど)、バランス良く栄養を摂り、体を清潔に保ちましょう。長時間の立ち仕事やしゃがむ姿勢、階段の上がり降りは休憩をとるなどして注意し、重い物を持ったり腹部を圧迫するようなことは避けましょう。特に出血の様子には注意しましょう。


タグ:妊娠 食生活
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。