つわりと対処の仕方


つわりが起きる原因は様々な説があり、現在でも確かなことは解明されていないのが現状です。有力として挙げられる説は、妊娠した事によるヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンが影響するという説。胎児を異物と判断し排除する働きから影響するという説。精神的要因による自律神経失調症から影響するという説があります。

つわりは、妊娠4週〜16週まで続く人が多く、吐き気や嘔吐などの症状を言います。ただし、つわりには個人差があるため、すべての人が吐き気や嘔吐するわけではありません。また、病気ではありませんので、必ず終わりが来ます。この時期、つわりで何も食べられなくても赤ちゃんは大丈夫です。ただし、空腹になると気持ちが悪くなりやすいので、時間を問わず果物やビスケットなど、抵抗が少ない食べ物を一口含むようにしましょう。

一般的には、妊娠12週以降になると、かなりつわりは軽くなってきます。妊娠すると臭いが敏感になるため、臭いのキツイ料理や、臭いが漂う暖かい料理は避けた方が良いでしょう。また、つわりは精神的作用が大きく影響すると言われ、精神的な不安要素を取り除く環境で過ごすと、いくらか軽減されてくるようです。

気分転換を図るために外出したり、気の合う仲間とおしゃべりを楽しんだり、実家でのんびり過ごすなど、自分がのんびりとくつろげる環境で、この時期を乗り切ることをオススメします。つわりの症状が重く、病的な状態を妊娠悪阻と言い、水分を取っただけで嘔吐するようなら受診したほうが良いでしょう。


タグ:つわり 妊娠
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。