妊娠と基礎体温


基礎体温というのは、体の動きが一番安静な状態のときの体温の事を言います。人間は、朝起きて活動を始めると、エネルギーを使い、それに伴って体温も変化します。活動を始める前、朝、目を覚ました直後に、そのままの状態で測った体温を「基礎体温」と言います。

基礎体温は普通の体温計ではなく、専用の婦人体温計(基礎体温計)というもので測ります。そして、その体温の変化を記録しておくための「基礎体温表」というものがあります。どちらも薬局で売っています。「婦人体温計」と「基礎体温表」を用意したら、毎朝、目を覚ましたらすぐに基礎体温を測ります。

1.朝、目を覚ましたら、身体を動かす前に安静な状態で測ります。

2.測り終えた体温を、基礎体温表に記入して、前日の点と結びます。

3.正確な基礎体温曲線を見るためには、毎朝一定の時刻に測ります。

最近は、基礎体温を210日分まで自動記録し、自動的にグラフも作成する、コンピュータ内蔵の基礎体温計などもあります。基礎体温が低温期から高温期に移行するあたりで排卵が起こります。排卵が起きると、黄体ホルモンの分泌が増えて、体温が上昇し、受精すれば妊娠12週くらいまで高温期が続きます。このため、妊娠初期は体が熱っぽい感じが続きます。およそ2〜3日前後が最も妊娠しやすい時期と言われています。妊娠していなければ、約2週間で生理がはじまり、低温期に入ります。早く赤ちゃんが欲しい方は、自分の排卵日を知る事が重要です。


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。