妊娠の兆候


妊娠してしばらくは自覚症状がほとんどありません。この時期は赤ちゃんにとって一番不定期な時期になりますので、日頃から基礎体温をつけるなどして妊娠の兆候を早くキャッチしましょう。

「おめでたかも?」と思ったら、まずは確認。月経が遅れ、市販の妊娠検査薬などで陽性反応が出たら妊娠とも言えそうですが、簡易検査だけでは確実ではありません。個人によっても違う場合や、産婦人科で検査して初めてわかることもあります。

1. 母体の変化 妊娠すると乳輪や外陰に色素沈着が起き、ぶつぶつが出てきます。これは黄体ホルモンの分泌が多くなるために起こる症状です。また、ホルモンバランスの変化で、肌荒れやシミ・そばかすが増えることなどもあります。

2. つわり 妊娠に気づく最も多いケースがつわりです。つわりは妊娠2ヵ月頃に始まり、吐き気、むかつき、食欲不振、食べ物の好みの変化、唾液の分泌が多くなる、すっぱいものが食べたくなる・・・などの症状を伴い、妊娠12週目頃には改善します。ただし、重症になると、栄養障害を起こすこともあるので、様子を見ながら医師に相談しましょう。

3. 基礎体温の変化 妊娠していなければ、2週間で黄体ホルモンが出なくなるので、低温相に戻りますが、妊娠するとそのまま黄体ホルモンが出続けるので、高温相が続きます。3週間以上高温相が続けば、妊娠の可能性が高くなります。

妊娠するとまず月経が止まり、今まで経験した事のない妊娠特有の体の変化や症状に驚く事もあるでしょう。少しでも不安に感じたら、すぐに産婦人科医に相談しましょう。


タグ:妊娠の兆候
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。