妊娠6ヶ月目の様子と注意


妊娠6ヶ月目(20週から23週)の様子は、赤ちゃんも身長は28センチから34センチ程度、体重は660グラム程度になり、骨がはっきり分かるほど骨格がしっかりとしてきます。眉毛やまつげ、髪の毛といった毛も生えそろってきますし、羊水の中を自由に動き回ります。手足を曲げたり伸ばしたり、首を曲げたり、目を開けたりつむったり、結構複雑な動きもするようになってきます。

皮膚にはシワができ、皮下脂肪の影響で肌の色が多少、黄色くなってきます。また、胎児の皮膚を保護したり、出産の時に産道を通りやすくする潤滑作用がある胎脂という、皮膚と皮脂が混ざったものがつくようになります。お母さんは、体重が急激に増えるため、疲れやすくなります。胎児の骨や歯をつくるために、カルシウムが必要なため、妊婦の歯質が弱くなるので、歯が痛んだり、口内炎ができることなどもあります。乳房も大きくなり、乳腺が発達し、早い人ですと薄い初乳が出ることもあります。子宮が大きくなり、内臓を押し上げるために胃もたれを起こしたり、息切れもをする人も多くなってきまます。

また、ほとんどの人が胎動を感じられるようになります。その場合は医師と相談して、乳首の手入れを始めるようにして下さい。扁平乳首や陥没乳首の人も、母乳を安全に飲ませてあげることが可能になってきます。そして、おなかの膨らみがかなり目立つようになってきたら、マタニティウエアなどの、ゆったりとリラックスできる衣服を着用することが、妊婦にとって肉体的だけでなく、精神的にも良いと思われます。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。