妊娠4ヶ月目の様子と注意


妊娠4ヶ月目(12週から15週)の様子は、赤ちゃんの大きさはグレープフルーツくらいになっています。胎盤が完成してきますので、たくさんの栄養と酸素を吸収することが可能になり、成長の速度がアップしてきて、特に脳が急速に発達します。手足が伸びて長くなり、身長は16センチ程度、体重は120グラム程度になります。外性器が発達し、男女の区別がはっきりと分かりますし、内臓がほぼできあがり、骨や筋肉も太く成長し、羊水の中でさかんに動き出します。

胎動として感じるのはもう少し後になりますが、赤ちゃんは足でお腹を蹴ったりします。心臓から活発に血液が全身に送られるようになり、皮膚には赤みが出てきて(肌色ではなく赤っぽい)厚みを増し、表面には産毛が生えてきます。15週あたりからは、眼球も動かすことができるようになります。

お母さんも、妊娠4ヶ月になると安定期に入ります。胎盤ができることにより、流産の危険性が少なくなってくる反面、腹部の膨らみが外見からも分かるようになりまので、ゆったりした衣服を用意しましょう。基礎体温が下がり始め、4ヶ月末には妊娠前の低体温に戻り、出産するまでの期間は低体温が続きます。また、妊娠線、妊娠中毒になりやすいので注意が必要です。

つわりは、ほとんどの人が軽くなってきますが、胎児は大きくなるので腸や膀胱を圧迫されて、便秘や頻尿の状態は続きます。また、つわりが落ち着いた反動で、今度は食欲が出てくるので体重管理に充分、注意が必要です。


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。