妊娠2ヶ月目の様子と注意


妊娠2ヶ月目(4週から7週)の様子は、外見だけでは妊娠かどうかわかりませんが、産婦人科に行って「おめでたです」と言われるのは、大体2ヶ月目です。基礎体温の高温期が続いていて、月経が順調な人が2週間遅れていたら、妊娠の可能性があります。胎盤は、まだできていませんが、胎盤を作る準備が始まります。

妊娠2ヶ月目になると、超音波検査で赤ちゃんが入っている袋、胎嚢(たいのう)を確認することができるようになります。赤ちゃんは、卵黄嚢から栄養をもらって成長しますが、その後は胎盤や臍帯から、栄養を受け取ることになります。この時期の赤ちゃんは、大きさ:1cm〜2cm 体重1g、心臓や目などが作られて心拍が確認され、胎のうの中に胎芽が確認されます。頭部と胴体の区別もでき、羊水の中に浮かぶようになります。

お母さんの身体の変化として、乳房が張ってきたり、乳首が敏感になったり、乳輪が色素沈着して黒くなる、体がだるいなど、熱っぽくなる、人によって個人差がありますが、お腹が少し張ってくる、とにかく眠いといった症状が出てきます。また、5週目〜8週目の間は流産の多い時期です。流産の95%以上が早期流産にあたり、ちょうどこの妊娠2ヶ月に相当します。家族や周辺の人達の協力を得て、日常生活は充分に気をつけて、過ごすことが大切です。

また、妊娠2ヶ月目は、赤ちゃんの臓器や器官に神経まで形成される時期なので、この頃に妊娠に気づかず、飲酒や喫煙、風邪薬などを飲むと、悪影響を及ぼしますので極力避けるべきです。


タグ:妊娠
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。