妊娠1ヶ月目の様子と注意


妊娠1ヶ月目(0週から3週)の様子は、妊娠していることに本人が、気付いていない場合が多くあります。また、受精してから1ヶ月の前半は、着床していないため、まだ受胎していません。基礎体温は、排卵後に上昇したままの高温期が20日以上も続きますので、日頃からチェックしている人であれば妊娠に気がつくかもしれません。カゼに似た症状が出たり、ごく少数ではありますが、つわりがある人もいます。

受精後の子宮壁は、受精卵が着床しやすいように、柔らかく厚くなります。胎児は、妊娠8週までは胎児と呼ばず、胎芽(たいが)と呼びます。1ヶ月頃の胎芽はタツノオトシゴのような形に、大きさは5ミリから1センチで、重さも1グラム程度になります。

受精卵は卵胞分裂を繰り返しながら、卵管を通過して子宮に向かいます。7日から11日で子宮内膜に着床して、子宮内膜に着床した受精卵は、絨毛という細い毛のような突起を張りめぐせながら、しっかりと着床します。この状態を妊娠と呼びます。受精卵の絨毛は、どんどん子宮内膜に拡大し、発育に必要な栄養を母体から吸収します。絨毛は後々胎盤となり、母体と胎児を結ぶ重要な役割があります。

脳・脊髄などの神経系や、血液などの循環器系の原基は、ほぼ完成し、心臓は2週目には形成が完了し、3週目から動き出します。目と鼻の形は、まだはっきりと分かりませんが、口やあごの原基は見られます。注意点として妊娠初期は、赤ちゃんの臓器が作られる大切な時期ですから、くれぐれも慎重な生活を送ることが必要です。


タグ:妊娠
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。