妊娠しやすい時期


妊娠しやすい時期は、排卵日をはさんだ前後の5日間の時期です。卵子の寿命は約24時間、精子の寿命は48〜72時間です。この間に受精しなくてはなりません。

妊娠の可能性のある時期は、排卵日の2日後までの5日間になります。ただ、中には5日間ぐらい生きる精子もいますし、卵子が36時間生きる場合もありますから、これ以外妊娠の可能性が、ゼロと言うわけではありません。あくまでも、妊娠しやすい時期の目安と考えて下さい。

では、この5日間なら良いのかと言えば、実はそういうわけでもありません。この中で、最も妊娠する確率の高い日は、もちろん排卵日です。自然妊娠を目指す場合、妊娠のタイミングを計る目安として基礎体温表があります。基礎体温を毎日欠かさず記録し、折れ線を作っていくと、しだいに低温層と高温層に分かれていき、排卵していることがわかります。人によっては、はっきりと2層に分かれなくても排卵をしている場合がありますが、これは高温層を維持するためのホルモンが、充分に出ていないためです。受精卵が着床するには、高温層をキープしなければなりません。基礎体温表は、排卵日を知るためのひとつの目安です。

あと、おりもので排卵のサインをとらえたり、子宮頸管粘液で妊娠しやすい時期(排卵が近づくと、子宮頸管粘液が粘りけを帯びてきます)をとらえたり、市販の排卵検査薬で、妊娠しやすい時期をとらえたりすることもできます。排卵検査薬を利用すれば、排卵日の数日前からわかるので、妊娠計画には便利です。


タグ:妊娠
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。